今年9月、デジタル庁が発足され、国を挙げてのIT化が始まりました。
新型コロナウィルスの感染拡大からデータを介したやり取りがより一層重要視され、
これまでの紙媒体とした保守・点検運用を見直している企業は増加傾向にあります。
本セミナーでは「保守・点検のIT化」をキーワードに、様々な課題の解決策として、
京セラとKCCSモバイルエンジニアリングよりデバイスとツールをご紹介させていただきます。IT化の第一歩として、現場業務の見える化はもちろんのこと、IT化が生み出すメリットについて考える場としていただければ幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
プログラム
15:00 京セラグループの紹介
15:05 セッション1
現場管理ツールの決定版!
SmartBeeのご紹介


KCCSモバイルエンジニアリング株式会社
■講演者:
営業統括部
ビジネスプラットフォーム営業部 竹上 裕
15:35 セッション2
JAPAN MADEの安心・高品質、
耐久性、長期サポートサービスが
特長のスマートフォン&タブレット


京セラ株式会社
■講演者:
ソリューションセグメント通信機器事業本部
通信営業部販売部東日本営業所 勝田 誠
15:50 質疑応答

関連製品

Webinar申込みフォーム

保守・点検業務のデジタルトランスフォーメーション

~高耐久デバイスDuraForce PRO2と報告ツール SmartBeeのご紹介~

2021.12.09THU

ZOOM WEBINAR

15:00
16:00

※ご登録頂きました個人情報協賛会社(京セラ株式会社)と共有させていただきます

  

 

当社の個人情報保護方針について詳しくは『個人情報保護方針』をご参照ください。

関連製品(リンク先)